【マイラーズカップ2019予想】オッズ傾向と過去データ分析

【マイラーズカップ2019予想】オッズ傾向と過去データ分析

マイラーズCは、京都競馬場(芝1600m)で行われるG2重賞レース。安田記念に向けて好メンツが揃いやすい。

独自データ分析技術クラスリビルドを有効活用するためにも馬券ポイントを整理しておきたい。

マイラーズC過去データの傾向

1.1400mタイプが好成績
近年は31秒台にも突入するスピードレースの影響で1400mタイプが好走しやすいようだ。1番人気が勝ち切れないのは、そういう事情が絡んでいるせいかもしれない。

2.先行馬の好走率がダントツ
例年のような高速馬場であれば最後まで脚が鈍ることがなく前が止まりにくい。しっかり先行してきた馬を軸にすえるのがベターだろう。

そういった点を踏まえると騎手の判断力も問われるところで控えすぎる騎手は過信しないようにしたい。

3.中9週以上でも好走できる
外厩が整っている今では久々の不利はないと考えていい。特に設備が充実している社台グループなら問題になることはないはずだ。

ただ、さすがに半年以上もあくと不振レベルで好走できていない。

過去レースラップ分析からの好走タイプ


平均タイム:1.32.0 上がり3ハロン:34.0

馬場が良いため速いレースラップが計時されている。特にラスト4ハロンは高い加速力が問われるため1400mを得意とする馬の資質が生きやすいようだ。

そのため前半はしっかり折り合うことが必要で、競走馬として成熟してくる5歳馬がよく好走するのもうなずける。

予想オッズ有力馬の前走パドック

業界トップクラスのエージェントが前走パドックをチェックします。

1番人気 ダノンプレミアム(前走1着)

1年ぶり近い休養明けとなった前走は意外にもしっかりと仕上がっていた。あまり使いこむ必要はなさそうで返って間隔が詰まっている方が心配かも!?

2番人気 インディチャンプ(前走1着)

しっかり仕上げた前走で結果をだし能力が重賞レベルだったことを証明している。例年よりパッとしないメンツなら期待できそうだ。

3番人気 パクスアメリカーナ(前走1着)

まだ実が入りきらない所があり、もう一段成長してくる余地はありそう。全姉のホエールキャプチャが息の長い活躍を見せたように長い目でみたい馬。

4番人気 モズアスコット(前走13着)

安田記念の時ほど体が良くなりきれずメンタル面も前向きさに欠く所があった。まだこれからの馬で変わってきておかしくない。

5番人気 グァンチャーレ(前走1着)

まだ緩い感じを残していたがレースにいけば気にならず。前走からの上積みは期待していいだろう。

データ分析カテゴリの最新記事