【新潟大賞典2019】予想オッズ傾向と過去データ分析

【新潟大賞典2019】予想オッズ傾向と過去データ分析

新潟大賞典は、新潟競馬場の芝2000mで行われるハンデキャップ戦のG3重賞レース。もはや展開1つで波乱が巻き起こるレースと言っても過言ではない。

独自データ分析技術クラスリビルドを有効活用するためにも馬券ポイントを整理しておきたい。

新潟大賞典【過去データの傾向】

1.1番人気が12連敗中の混戦レース
G1レースの連続開催になる時期にローカルのメンツが濃くなる理由はない。基本的に人気馬はアテにならないと考えるのが賢明だろう。

優勝馬の90%は2~6番人気ともなれば1番人気はより疑うべき人気馬であることが分かる。

オッズゾーンで言えば5~10倍台から見つけるのが最も回収効率が良いようだ。馬券を当てにいくよりバリュー戦略が功を奏しやすい。

2.斤量は56~57kgが狙い目
ハンデキャップ戦と言っても斤量が軽いほど良いというわけでなく、基本的には実績と近走のポテンシャルが重要なことに変わりはない。

斤量55kg未満の格下挑戦タイプは苦戦を強いられる傾向にある。ほどよく実績があり充実した馬から馬券を構築するのがセオリーだ。

3.2000m実績のある6歳馬に妙味アリ
近年の6歳イメージと言えば実績は残しつつも少し停滞感を感じさせるタイプ。オープンで人気になり、G2レースなら掲示板という馬。

穴馬ともなれば複雑な事情が絡んでくるが、このケースに該当するならヒモに加えておくことをオススメしたい。

過去レースラップ分析からの好走タイプ

新潟大賞典のレースラップは、レースの中盤は緩めの展開でも後半に入ると加速持続型のレースになるようだ。

ペースの緩み方はそれぞれもラップパターンとしてはシンプルな構成を示している。直線の長いコースで活躍している馬を重視すべきだろう。

勝利ポジションは6番手あたりで中団より少し前にいるイメージ。あまり後方だとペースに左右されるためポジションを築ける馬を重視したい。

予想オッズ有力馬の前走パドック

業界トップクラスのエージェントが前走パドックをチェックします。

※準備中

あなたが勝てないのは馬柱のせいかもしれない!?

CTA-IMAGE

本当に必要なのは○○だった・・・AixeNの開発元が運営する確実に相対的なアドバンテージを築く方法を論理的に理解できる!

データ分析カテゴリの最新記事