【京王杯スプリングカップ2019】予想オッズ傾向と過去データ分析

【京王杯スプリングカップ2019】予想オッズ傾向と過去データ分析

京王杯SCは、東京競馬場(芝1400m)で行われるのG2重賞レース。独自データ分析技術クラスリビルドを有効活用するためにも馬券ポイントを整理していこう。

過去データの傾向

1番人気が凡走する
近年の1番人気不振は興味深いデータだろう。その理由として考えられるのは、万能的なゼネラリストよりスペシャリストとして資質が問われやすいせいかもしれない。

2番人気の好走率が良いのは適性を重視して人気になる傾向が強いからだろう。この距離に適性があるかをまずはチェックしたいところ。

年齢を問わない活躍
8歳馬でも互角に走れるレースで年齢面での有利不利はなさそうだ。その点から見ると実績を生かせるレースととも言うことができ過去レースは参考になる。

それほどレベルが高くならないレースという見方もでき波乱が起きやすいレースと言えるのかもしれない。

外枠が走りやすい
後半に加速するレースが多いせいで馬群が密集するため外枠の方が不利なく走りやすい。特に内枠の差し馬は不利を受けやすい状況にある。

上がりタイムが速くなるため直線での減速は命取りになることも多い。上手く立ち回れる枠かも気にした方がいいだろう。

過去レースラップ分析からの好走タイプ

過去のレースラップではスローペースから持続ペースまで幅がある。東京競馬場ならではのペース落差が頭を悩ませるレースと言えるだろう。

上がりの速いレースでも差しが届くシーンが見られる。どちらかと言えば先行馬は踏ん張るイメージに近い。しっかり瞬発力を発揮できるタイプを選びたいところ。

予想オッズ有力馬の前走パドック

業界トップクラスのエージェントが前走パドックを大胆チェック!

タワーオブロンドン

前走は過去最高の526kgをマークも重い印象はなかった。この馬格をフルに生かせる体躯の軽さは特筆すべきものがある。

非サンデーサイレンスで瞬発力レースに対応する異端なので当然というべきか。

サトノアレス

この馬も藤沢和の管理馬になるがデキに関しては安定している。崩れそうだったメンタル面で持ち直した手腕は評価したいところ。

トゥザクラウン

馬体はG1馬を含めた兄弟にそっくり。この馬は短距離にでたのが現代競馬の面白さだろう。その点から見ると得意距離と言えない可能性はある。

スマートオーディン

この距離だから復活したというよりも状態とメンタルが上手く噛み合ったのも大きい。ここで本質が問われることになる。

ロジクライ

前走は硬めに映ったので気温が上がるのはプラスだろう。ワンペースなイメージがあり乗り難しいタイプ。

今すぐ競馬を投資に変える方法

CTA-IMAGE

本当に必要なのは○○だった・・・AixeNの開発元が運営する確実に相対的なアドバンテージを築く方法を論理的に理解できる!

データ分析カテゴリの最新記事