【平安ステークス2019】予想オッズ傾向と過去データ分析

【平安ステークス2019】予想オッズ傾向と過去データ分析

平安Sは、京都競馬場(ダート1900m)で行われるのG3重賞レース。独自データ分析技術クラスリビルドを有効活用するためにも馬券ポイントを整理していこう。

過去データの傾向

3~5番人気に妙味あり
1~5番人気が好走率にさほど大きな差は見られないことから3~5番人気のオッズ妙味がありそうだ。

ダート1900mというデータの薄い距離のせいか、近2年は6番人気以下の穴馬の激走も目立ってきており思い切った狙いも考えたいところ。

1枠の先行馬が穴目
枠順で見て優位性があるのは1枠。過去の6番手内の馬が好走しやすく先行から好位ポジションなら抑えておいた方がいいだろう。

過去に15番人気のマイネルバイカが穴をあけている。差し馬は4着までが多いものの人気がなければ買っておきたい。

過去レースラップ分析からの好走タイプ

例年持続ベースのレースラップになりやすく重賞レースでの好走経験は欲しいところ。この距離がピッタリ合うタイプを狙えるかが高配当を得るためのカギになりそうだ。

施行数の少ない距離になるため、3連系の馬券では手広く買っておくのが無難だろう。

予想オッズ有力馬の前走パドック

業界トップクラスのエージェントが前走パドックを大胆チェック!

オメガパフューム

パドックはあまり良く見せるタイプではないが特に変わった点はなかった。ダート馬にしては決め手を身上とするタイプなので距離はあった方がエッジが利く。

チュウワウィザード

ゴツゴツした所がなくなり体躯の良さを生かせるようになってきた。特に悪い所もなくさらに上を目指せる馬。

サンライズソア

前走は18kgで体は絞れていた。体形からすれば520kgあっても別に問題ではなくパフォーマンスには影響ない。

アナザートゥルース

前走はブリンカーと体が良くなっての相乗効果でパフォーマンスアップを果たした。良質なダート牝系のパワー侮れず。

ロンドンタウン

前より前向きさがでてメンタル面の向上が見られた。一時の不振を脱して安定期に入った感がある。

今すぐ競馬を投資に変える方法

CTA-IMAGE

本当に必要なのは○○だった・・・AixeNの開発元が運営する確実に相対的なアドバンテージを築く方法を論理的に理解できる!

データ分析カテゴリの最新記事