【オークス2019】予想オッズ傾向と過去データ分析

【オークス2019】予想オッズ傾向と過去データ分析

平安Sは、東京競馬場(芝2400m)で行われるの牝馬限定G1重賞レース。独自データ分析技術クラスリビルドを有効活用するためにも馬券ポイントを整理していこう。

過去データの傾向

差し馬が優勢も近年は?
しっかり脚をタメられる差し馬の好走傾向が強かったが、近2年は高速馬場に拍車がかかった影響か先行タイプが好走している。

基本は上がり3ハロンタイムが上位の馬に注目すべきだが、展開の恩恵を受けそうな馬にも注意を払いたい。

忘れな草賞は盲点?
忘れな草賞からオークス馬が2頭でている。1頭は穴目なので回収率は高いものの再現性には疑問を残している。

どちらも雨が残る馬場で極端に勝ち時計が遅いことが共通していた。そういった点から高速馬場より体力のいる馬場の方が価値はありそうだ。

過去レースラップ分析からの好走タイプ

桜花賞との違いは息のを入れる回数が多いこと。それだけオンオフするということは折り合いに難があるようでは末脚を温存することができない。

過去のレースラップにパターンはなく対応力が求められる。よく見えてこない距離適性よりも折り合いに不安がないか重視すべきだろう。

予想オッズ有力馬の前走パドック

業界トップクラスのエージェントが前走パドックを大胆チェック!

クロノジェネシス

秋にはもっと良くなりそうだが現状でも素質・センスのある所を見せている。前走からの上積みはないがデキは良い意味で平行線。

コントラチェック

セン馬3頭いる気性難の牝系。馬体の良さを生かし切れない歯がゆさがある。それだけに大活躍のレーン騎手への期待は大きい。

ラヴズオンリーユー

安定している牝系らしい綺麗なアウトライン。まだ迫力不足な面を残しつつのパフォーマンスだけに先々も楽しめる。

ダノンファンタジー

マイル向けに体を造ってきたので距離延長はプラスとは言えない。後方で脚をタメて直線勝負でハマるシーンに賭けるのがベターか。

シゲルピンクダイヤ

体は増えてないものの芯が入ったことでポテンシャルを発揮している。うまく成長ラインとかみ合ったのが好走の要因と言える。

データ分析カテゴリの最新記事