【葵ステークス2019】予想オッズ傾向と過去データ分析

【葵ステークス2019】予想オッズ傾向と過去データ分析

葵Sは、京都競馬場(芝1200m)で行われるの3歳限定の重賞レース。独自データ分析技術クラスリビルドを有効活用するためにも馬券ポイントを整理していこう。

過去データの傾向

牡馬より牝馬が優勢
この時期の芝は走りやすく速い時計がでる。このような高速馬場では牝馬がパフォーマンスを上げてくる傾向がある。

混戦なら牝馬を中心に割り切った狙いで馬券を構築するのも面白そうだ。

オープン好走組が優勢
2019年から重賞レースになることから、この傾向が続くかは微妙も過去の傾向として前走オープン組が好走していた。

あくまで質が重要になるが、前走が重賞レースというだけで人気している馬は凡走する傾向がある。

予想オッズ有力馬の前走パドック

業界トップクラスのエージェントが前走パドックを大胆チェック!

アウィルアウェイ

あまりスプリンターという印象にはないが、まだ気性面が安定しないだけに短距離の方が走りやすいということはありそうだ。

まだ成熟面では物足りなさは残しておりクラスリビルドの指標からも過信は禁物だろう。

ディアンドル

まだビシッと仕上げられてない中での連勝と素質は十分。今までの相手は軽いもののノビシロが期待できる馬には違いない。

ディープダイバー

ようやく心身の歯車が噛み合ってきた感のある連勝劇。豊富なキャリアも3歳同士なら強みになる。

アスターペガサス

現状トモが緩く前躯で動かしている状況。高速馬場でタメて伸びるというタイプではない。

あなたが勝てないのは馬柱のせいかもしれない!?

CTA-IMAGE

本当に必要なのは○○だった・・・AixeNの開発元が運営する確実に相対的なアドバンテージを築く方法を論理的に理解できる!

データ分析カテゴリの最新記事