【函館スプリントステークス2019】予想オッズと過去データ傾向

【函館スプリントステークス2019】予想オッズと過去データ傾向

函館スプリントSは、函館競馬場(芝1200m)で行われる牝馬限定G3重賞レース。独自データ分析技術クラスリビルドを有効活用するためにも馬券ポイントを整理していこう。

過去データの傾向

近年は波乱傾向
洋芝コースながら着実に高速化しており17年には6秒台の決着と昔ながらの洋芝イメージは覆されている。

近年はポジショニングを取った方が馬券に絡みやすい傾向。前が止まらないので追いこみ一手からは狙いにくい。

レースラップ比較予想

近年はテンが速くなり大幅にタイムを短縮しているのにも関わらず最後の1ハロンが極端に鈍っていない。

それだけタイム幅が広がりを見せているということであり、能力が高い馬なら逃げ先行でも結果を残すことができる。

前走パドックと調子診断

ダノンスマッシュ

完全に本格化しており、これからどこまで上り詰めるかという段階に入っている。久々でも仕上がりに抜かりなし。

タワーオブロンドン

筋肉量はダノンスマッシュ以上でマイルよりスプリントの方が合う。ただ、高速適性があるかは未知数。体重は増えてきそう。

アスターペガサス

前走で体つきが良くなり重苦しさから解放されていた。ここまで一変する馬も珍しい。

リナーテ

手先が軽く高速馬場を得意とするタイプ。距離は器用にこなせる。

ダイメイフジ

特に変わらない。不調ではなく自分の領分に刺さるか、刺さらないかというだけ。
 

あなたが勝てないのは馬柱のせいかもしれない!?

CTA-IMAGE

本当に必要なのは○○だった・・・AixeNの開発元が運営する確実に相対的なアドバンテージを築く方法を論理的に理解できる!

会員限定カテゴリの最新記事