限定記事を表示するにはコネクションコードが必要です

【ターコイズステークス2019予想】3つのデータ分析ポイント

【ターコイズステークス2019予想】3つのデータ分析ポイント

どうもエージェントAです。よく馬体の見方を教えて欲しいと言われるのですが、いつの時代も使える普遍的な見方というのは存在しません。

なぜ、ディープインパクトはサンデーサイレンス産駒なのにセリ評価が低かったのか。それは時代がまさに変化しつつあったからでした。

その時代によって求められる馬体は変わってくるのが普通で、芝とダートはもちろん馬場状態でも見方を変える必要があります。

どんなにスキルを積もうと時代変化を読めなければスキルとして成立しなくなるのが相馬のとっつき憎さと言えるでしょう。

最近の競馬はレベルアップしたことで対立構図が複雑化し、より適性やファクターの影響力を強めているため相馬理論は今より重要になってくるはずです。

それでは、投資競馬のレースレーティングに役立つデータ傾向があるか考察していくことにしよう。

マイル実績が豊富な馬が好走する

中山競馬場の外回り芝1600mは、他コースのように直線は伸びないものの、坂を下るためペースアップしやすい。

その緩みにくい中盤がよりマイル適性が問われる要因になっていると考えられます。

昨年は前年好走のリピート馬が2頭も再好走したように中山マイルに実績がある馬は買いやすくなりますね。

それよりもG1レース好走の方が価値は高いですが、そのような馬は自然と人気が集中するでしょう。

4歳馬の好走が多い理由

競走馬としての実績を積み実質5歳馬に近いという点で心身の完成度が高いのが4歳馬の好走が多い理由でしょう。

もともと牝馬は早熟傾向にあるため5歳馬より上昇度の高い3~4歳馬が好走率が高いのは自然な現象と言えます。

それは競馬予想のしやすさにも直結してくるため、自然と4歳馬に注目することが多くなるのではないでしょうか。

例年のデータ傾向から好走率の高い4~5枠に入ってポジションの取れる馬かも併せて考えたいところ。

実績馬が中心も軽ハンデ馬が配当を押し上げる

ターコイズSは、斤量に差がでるハンデキャップレースですが負担重量の重い実績馬でも好走率は良い傾向にあります。

このレースの穴馬は、3勝クラスを勝ち上がってきた53~55kgの軽ハンデ馬から出現しやすい様子。

しっかりと通用するだけのポテンシャルを持っているかレーティングで確認しておくといいでしょう。

軽ハンデといっても実績不足な馬だと通用しづらい傾向にあるため負担重量のみで判断しないのが賢明と言えます。

ターコイズステークス事前予想

上位人気は混戦模様になりそうですが予想オッズ1番人気はコントラチェックが支持されていました。

近走はG1レースで惨敗も中山コースは重賞を含めて2勝と相性の良さが評価されたのでしょう。

あまり買いやすい馬ではなく本番では人気が下降しそうですがレーティング的には切って妙味という評価です。

次点でシゲルピンクダイヤが人気していますが、この馬の能力は認めつつも中山コースへの適応が課題になりそう。

ダイワメジャー産駒が2年連続で勝利していますが、あまり器用さを期待できないのもマイナスポイントになります。

3歳馬エスポワールも人気している1頭でトントン拍子での出世が評価されたのでしょうか。

マイル適性が未知数なこともあり、この馬もあまり買いやすいとは言えず波乱含みな一戦感が増してきました。

これだけ3歳馬が人気しているとデータ分析に沿ってセオリー4歳馬から入ることを考えたくなりますね。

3歳馬の取捨がキーポイントになりそうなので上手く立ち回るような工夫を考えたいところです。

競馬新聞で予想する9割は負けている

CTA-IMAGE 競馬新聞やネットでも当たり前になっている馬柱を使わないと予想できないと思い込んでいる方は今すぐ考えを改めないと永遠に負け続けますよ!

予想カテゴリの最新記事

テキストのコピーはできません。