起業やスポーツ選手の成功は何をやらないかで決まる

起業やスポーツ選手の成功は何をやらないかで決まる

投資家ウォーレン・バフェットも何をやらないかを重視するくらい成功に必要不可欠なことがあるんです。さあ、今日からレッツ、メントレ!
メンタルトレーナー雑賀
メンタルトレーナー雑賀

スティーブ・ジョブズは、成功するためには「ノー」と言うことが大切だと考えていました。この精神的なトリックを使えば、成功への近道となります。ここでは、チャンスを断るタイミングを決める方法をご紹介します。

私たちはしばしば、成功の秘訣は、誰にも知られていないような素晴らしいことをすることだと考えます。しかし、多くの成功者は、それは逆だと言うでしょう。本当の魔法は、「断る」ことにあるのです。

例えば、スティーブ・ジョブズは「集中とはノーと言うことだ」と信じており、自分が追い求めているいくつかのプロジェクトにレーザーのような集中力を保つために、有望なプロジェクトでさえも断るという冷酷さを持っていたことで有名です。多くの創業者や経営者が、ジョブズの哲学に賛同しています。「ノー」と言うことは、「イエス」と言うことと同じくらい、あるいはそれ以上に重要なことなのです。

明日のことを想像する

偉業を成し遂げようとする人は、重要なパズルに直面します。人生には無限の道と可能性があります。その中で、自分の貴重な時間を割く価値のある誘いや提案、アイデアをどうやって見極めるか。

多くの人へこの問題についてアドバイスをしてきました。諦めるべきことをカテゴリー別に提案したり、機会を丁重に断るためのスクリプトを提供したりしています。しかし、私が目にした中で最も優れたアドバイスの1つは、「Recomendo」というニュースレターと「Wired」の創始者であるKevin Kelly氏による、短いながらも非常に役に立つ提案です。彼はそれを「即時性フィルター」と呼んでいました。

私がこれまでに受けたアドバイスの中で最も役に立ったのは、作家のアン・ハーバートからのものした。彼は、数ヶ月先、あるいは1週間先の仕事の誘いを受けるたびに、その仕事やミーティング、タスクが明日だったら引き受けるかどうかを自問したと言います。その答えは多くの場合「ノー」でした。私はこの「即時性」のトリックをいつも使っており、とても役立っています。

うまく機能する理由

このトリックの優れた点は、人間についての単純な観察に根ざしています。時間は人間の価値観を歪めます。直感的なレベルでは、今日の500円は1週間後の500円よりも価値があります。5分でも同じことが言えます。現在の時間を捨てるよりも、未来の時間を捨てる方がはるかに簡単なのです。

このような不合理な偏見を完全になくすことはできませんが、回避する方法を考えることはできます。ハーバート氏の精神的なトリックは、未来の時間に対する偏った評価(および、その場で無礼や恩知らずだと思われることへの恐れ)を回避するための、シンプルだが非常に強力な方法です。

次に、講演や社交イベント、数週間から数ヶ月先の仕事の話をされたとき、「これは面白い、価値のある機会ですか?」と聞いてはいけません。スティーブ・ジョブズの言葉を借りれば、良い機会があってもそれをすべて追いかけてはいけないということです。その答えがイエスでなければ、そのチャンスを見送ることを真剣に考えてください。

たとえば、自分の能力を超えた仕事ものなら、それをやる価値はありません。その時間を自分の能力を生かせる仕事に集中させることで成功する確率がグッと上がるのです。

今すぐ情報にアクセスする方法

CTA-IMAGE AI開発に投資していただいた方に早期アクセスや業界最高エージェント情報の特典を用意しています!出資限定お早めに!

コーチングカテゴリの最新記事