ダイエットに効果的な、たった1つのメンタルトレーニング

ダイエットに効果的な、たった1つのメンタルトレーニング

ダイエットが長続きしない方はメンタルに問題があるのかも。これから理想の体形を目指す前に、さあ、今日からレッツ、メントレ!
メンタルトレーナー雑賀
メンタルトレーナー雑賀

スポーツ選手は、競技に備えて精神的なリハーサルを行う際に、視覚化を利用します。International Journal of Obesity誌に掲載された最新の研究によると、「見れば達成できる」という言葉は、減量の際にも有効であると考えられます。

英国プリマス大学の研究者たちは、141人の過体重の成人を2つのグループに分けました。1つは、動機付け面接と呼ばれる、行動を変えるために協力してくれるカウンセラーに会うという手法を学びました。

もう一方のグループは、動機づけ面接をさらに進めて、機能的イメージトレーニング(FIT)を学びました。共同研究者のジャッキー・アンドラーデ博士は、「FITは、精神的なイメージを使って、やる気と変化に対する自信を強化します」と説明します。これは、精神的なイメージが他の種類の思考よりも感情的になるという理論に基づいています。

FITを学んだグループは、6カ月後に平均9キロの減量に成功し、動機づけ面接を学んだグループよりも5キロ多く減量した。さらに6カ月後に両グループを追跡調査したところ、FITを学んだグループはさらに5キロ減量し、もう一方のグループは少し体重が増えていたという。

ビジュアライゼーションの効果

“FITは、健康的な食事や運動などの減量行動への欲求を高め、モチベーションを維持するためのイメージ戦略を教えてくれます」とアンドラーデ博士は言います。

さらに、精神的なイメージが、食欲を抑えたり、果物の消費量を増やしたり、減量プログラムを継続するのに役立つ可能性があることが、さらなる研究で明らかになっています。

マギル大学の心理学教授であるBarbel Knauper博士は、「視覚化は、目標に関連した行動を改善するのに有効であることが示されています」と語っています。「もし人々が視覚化の力を利用すれば、夕食の量を少なくするなどの意図を行動に移すことができ、最終的には減量につながります」

ビジュアライゼーションに挑戦したい方は、以下の3つの戦略を試してください。

1.五感を使う

例えば、朝の散歩をイメージしながら、体のさまざまな筋肉の感触はどうだろう?どんな音が聞こえてくるだろうか?ブロックに沿って進むと、何が見えてくるでしょうか?朝露や濡れた葉っぱの匂いがしますか?

2.可能な限り具体的に

目標とする体重の自分を想像してください。自分の筋肉がどのように引き締まっているのか、何ができるのかをイメージしましょう。それが初めての5キロマラソンを走ることであっても、ハーフマラソンに挑戦することであっても構いません。お気に入りのジーンズを履いている自分や、友人の結婚式で着たいドレスを着ている自分を想像してみてください。はっきりとした鮮明なイメージを描くことで、心にポジティブな影響を与え、見えている目標を達成することができます。

3.良いことがあった時の気持ちを大切にする

自分は成功できる人間だと自信を持ち、その勢いを持続させることができるとアンドラーデは言います。例えば、1日のカロリー目標を達成するために食事や運動を記録したときの気分の良さを想像することで、また同じことをする日が増えるという動機付けになります。

この手法は、ダイエットに限らず、あらゆる分野において成功する手助けになります。少し慣れが必要かもしれませんが、集中できる場所で実践してみてください。

トレーニングカテゴリの最新記事

テキストのコピーはできません。