失敗を引きづらず成績や成果を伸ばしていくオリンピック王者の心得

失敗を引きづらず成績や成果を伸ばしていくオリンピック王者の心得

成功する人は失敗から学ぶだけでなく、失敗を深刻に受け止めない方法も知っていました。さあ、今日からレッツ、メントレ!
メンタルトレーナー雑賀
メンタルトレーナー雑賀

アスリートは様々な方法で、失望したパフォーマンスを捨てることを学びます。そして、多くの場所で。

陸上競技のオリンピック・チャンピオンであるロシェル・スティーブンス博士の場合、それはシャワーで、心と体の両方を洗い流すことができることを昔から学んでいました。

勝てないレースが続くと、気持ちが傷つき、自分に失望するものです。

悔しさを振り払い、ネガティブな気持ちを引きずらずに前に進むためにはどうすればいいのか、アスリートだけでなく誰もが悩むことでしょう。

1996年のアトランタ大会で金メダル、92年のバルセロナ大会で銀メダルを獲得したスティーブンス選手は、「あるコーチからとてもいいアドバイスをもらいました」と言います。スティーブンスは、1996年のアトランタオリンピックで金メダルを獲得し、92年のバルセロナオリンピックでは4×400リレーチームで銀メダルを獲得しました。

コーチは、「シャワーを浴びて水を止めたとき、最後に排水口に戻って水を出そうとしたことがあるか?」と聞いてきました。私は彼を気が狂ったように見えて、「誰がそんなことをするの?」と言い返しました。

彼が次に彼女に言ったことは忘れられないと言います。

コーチは、「シャワーを浴びるときには、自分の悪い場面が落ちてきて、その日の嫌なことがすべてシャワーの排水口に流れていくところを想像しなさい」と言ってくれました。シャワーを浴びるときは、自分の悪いレースが終わったと想像して、その日の嫌なことはすべてシャワーで流してしまうんです。

彼女の素晴らしいキャリアがそれを証明しています。この考え方は、プライベートでも仕事でも同じです。

「今でも日常生活の中で使っています」と彼女は言います。何か思った通りにいかないことがあっても、シャワーを消した後は、それで終わったことにして、立ち上がって、前よりも良くするためにさらに頑張ろうと思っています。

ユースコーチとして、若い選手が苦しい敗戦や不本意な成績を乗り越えるのを手助けすることは、大きな、そして非常に重要な責任です。ネガティブな思考が長く続くと、現在の状況に集中させることが難しくなります。

だからこそ、スティーブンス氏のアプローチをプレイヤーたちに伝え、最高のパフォーマンスを発揮するために適切な考え方が不可欠な競技の精神的側面を探ってもらいたいのです。

これは、株や馬券を買う人たちやポーカーで稼ぐ人たちでさえ十分に適用することができるテクニックです。その日のうちに綺麗サッパリ失敗を洗い流すことでマインドを正しく保てるようになる。

それでも全てを忘れることはないでしょう。その失敗から学ぶこともあります。これはマインド・トリックであり、嫌な気持ちを引きづらないための方法と考えてください。

今すぐ情報にアクセスする方法

CTA-IMAGE AI開発に投資していただいた方に早期アクセスや業界最高エージェント情報の特典を用意しています!出資限定お早めに!

コーチングカテゴリの最新記事