医学的でよく知られるプラシーボ効果は、スポーツ選手や私たちのパフォーマンスにも良い影響を与える

医学的でよく知られるプラシーボ効果は、スポーツ選手や私たちのパフォーマンスにも良い影響を与える

人間は思い込みで偽を真に変えられる。この神秘的な能力は、あらゆることを肯定するポジティブさを源泉としています。今日からレッツ、メントレ!
メンタルトレーナー雑賀
メンタルトレーナー雑賀

ピコ・シモン・ボリーバルは、コロンビアで最も高い山のひとつです。頂上付近では、海抜5,500mの地点に比べて酸素の量が半分しかありません。そのため、体はそれに適応しようと、呼吸数を増やし、心臓の鼓動を速め、血管を拡張して組織に酸素を供給しようとします。

当然のことながら、酸素タンクで呼吸をすると、これらの変化は逆になります。心拍数と呼吸が正常に戻れば、すぐに疲労感がなくなり、頭のドキドキもなくなります。しかし、酸素ボンベが空っぽの偽物であっても、まったく同じことができるとは思いもよらないでしょう。

この実験を行ったのは、ファブリツィオ・ベネデッティという科学者です。イタリアのトリノ大学を拠点とする彼は、コロンビアやアラスカの山、アルプスの研究室で人々にプラシーボ酸素を投与し、同じことを観察しました。

この効果は、まず本物の酸素ボンベを何度か与えてから、知らないうちに偽物の酸素ボンベと交換した場合にのみ発揮される。そうすることで、被験者の体は酸素の供給を期待するようになります。驚くべきことに、酸素ボンベは空になっているにもかかわらず、実験室で行われた高地での歩行訓練で身体能力を高めることができた。問題は、その方法です。

ベネデッティは、「これは10億ドルの問題だ」と言います。血液中に酸素がなく、体内にも酸素がないのに、本物の酸素とまったく同じ効果を得ることができます。本当の答えは「わからない」ということです。

より硬く、より速く、より強く

プラシーボ効果とは、通常、医学的な文脈で耳にする言葉です。プラシーボ効果とは、ある治療法が効果的であると信じることで得られる有益な結果のことで、治療法自体の効果ではありません。プラシーボは、咳や痛み、うつ病、パーキンソン病などの症状を改善することがわかっています。

最近では、ベネデッティのような科学者が、スポーツの世界でプラシーボがどのように機能するかに興味を持っています。プロのスポーツ選手であれば誰でも、勝利に対する信念が成功に大きな役割を果たしていると言うでしょう。そして研究によると、彼らの期待を修正することで、プラシーボ効果は彼らがどれだけ速く、あるいはどれだけ遠くに行けるかに強力な影響を与えることができるのです。

ある研究では、十分なトレーニングを積んだ競争力のあるサイクリストに、タイムトライアルの前にカフェインをゼロ、少量、または大量に投与すると伝えました(実際には全員にプラセボを投与しましたが、この分野の実験では通常、偽装が行われます)

その結果、カフェインを少量しか摂取していないと思っていた選手は、ベースラインよりも1.5%のパフォーマンスが向上し、高用量摂取のグループは、10km(6.2マイル)のレースで3%のパワーの向上が見られました。

この研究の主執筆者であるケント大学心理学部のクリス・ビーディは、「3%というと大したことがないように思えます。しかし、エリートの世界では、オリンピックでメダルを獲得できるか、トップ10に入れないかの違いなのです。その3%を得るために、一生懸命努力するのです。」

この分野の科学者たちは、ベストタイムを何分の1秒でも縮めようと過酷なトレーニングに人生を捧げている人たちに、なぜ不活性の錠剤がこれほど劇的な影響を与えるのかを理解したいと考えています。ビーディ氏によると、アスリート自身が「より気合が入っている」「より興奮している」と感じる傾向があるという。プラシーボ(偽薬)を与えれば、より努力するようになるのではないでしょうか?

ビーディ氏は、「実験的に解明するのは非常に難しい」と認めています。データは決定的なものではありませんが、私たちが見たのは、心拍数の上昇、血中乳酸濃度の上昇、換気量の増加などが見られずに、パフォーマンスが2〜3%向上したということです。これは、アスリートが単に努力している場合に見られると思われます。言い換えれば、プラセボを摂取したアスリートは、まるで1ガロンの燃料でより多くの距離を走る車のように、体からより多くの経済効果を得ているかのようです。

このような実験は、プラシーボ効果がパフォーマンスを向上させる、より無意識的なメカニズムを示唆しています。研究者がこのメカニズムを実証するにはまだ時間がかかりそうですが、いくつかの候補があります。

一つの仮説は、プラシーボ効果が不安を軽減するというものです。サイクリストが自分の能力を向上させる物質を受け取っていると思えば、セーフティネットがあると感じてリラックスできるかもしれません。ビーディ氏は、「筋肉の緊張は、不安やストレス反応のかなり一般的な要素です」と言います。「そして、筋肉の緊張はエネルギーを消費します。” “アスリートにとってエネルギーは非常に重要です。」

痛みがないと得をする

もう1つの可能性は、プラシーボ効果が痛みや持久力を調節する経路に作用することです。”オックスフォード大学でSocial Body Labを運営しているエマ・コーエン氏は、「パフォーマンスや運動を制限する主な要因の1つは疲労です。無視しようと思っても、あのズキズキする感覚はなかなか無視できません」と言います。

運動中にちょっと無理をしたことのある人なら、この感覚がどんなものか痛感するはずです。しかし、これらの感覚は、身体をダメージから守るために存在しています。

コーエン氏は、「必要なときに必要なだけ、体を止めてくれる」と説明します。
「理論的には、もっと激しく、もっと長く、止めずに走ることができるのですが、私たちの体と脳は、慎重に何かを蓄えておく傾向があります。レースが終わった後に何が必要になるかわからないからです。」

私たちの脳は、筋肉からの信号、天候、喉の渇き具合、残りの距離など、あらゆる情報をもとに、タンクにどれくらいの量を入れておくべきかを常に計算している、とコーエン氏は言う。「さらに、過去の経験から得られた認知的、感情的な情報も入力されます。そして脳は、そのような状況下で安全に続けられる運動量を予測します。」

プラセボは、この計算に影響を与える偽の信号のように作用する可能性があり、脳が運動中に筋肉に割り当てる資源へのアクセスを「解除」してしまうのです。 アスリートが受け取るものに対する意識的な期待は、結局、潜在意識に現れ、自分ではコントロールできないプロセスに影響を与えます。

偽りの友人

「社会的プラシーボ」という言葉は、他人との絆や支え合いが、痛みや疲労、不安などの軽減に役立つことを表しています。
コーエン氏のソーシャル・ボディ・ラボは、脳内のこの計算に影響を与える可能性のある別の要因、つまり他人の行動に興味を持っています。彼らは、他人との絆やサポートが、痛みや疲労、不安などを軽減してパフォーマンスを向上させることを説明するために、「ソーシャル・プラシーボ」という言葉を作りました。

実験では、チームの他のメンバーと同期してトレーニングしているボート選手は、一人で漕いでいる選手よりも痛みの閾値が高いことが示されています。また、ラグビー選手がチームメイトと一緒にウォーミングアップをした場合、スプリントテストで約6秒速く走れることを実証しました。

コーエン氏は、「彼らは、報告された疲労度と同じレベルでこれを行ったので、それ以上の疲労を感じることはなく、最大心拍数にも違いはありませんでした」と語る。「結束とサポートの合図によって、アスリートは同じレベルの疲労でも、より多くのパワー、出力、高いパフォーマンスを体から引き出すことができるようです。」

これがどのように進化してきたかは容易に想像がつきます。人間は社会的な種であり、過去においては、親密な絆や関係性は、安全や安心のための重要なシグナルであったかもしれません。ハンターは、自分と一緒に走ってくれる仲間がいることを知っていれば、より効果的に体を回復させることができるのです。

現代の現象であるプラシーボ効果は、何千年も前に進化した既存の経路を活性化している可能性がある。
プラシーボ効果が存在する理由は、社会的な要因によって説明できるかもしれません。ベネデッティによると、プラシーボとは、偽の治療法そのものではなく、複雑な心理的・社会的背景の中での治療行為の儀式全体のことです。つまり、現代の現象であるプラシーボ効果が、数千年前に進化した既存の経路を活性化している可能性があるということです。

思い込みが現実になる

痛みや疲労感、不安感の軽減などは、プラシーボ効果として論理的に説明できます。しかし、登山家にとって酸素は生命維持に不可欠なものであり、脳を騙して酸素があると信じ込ませることはできないのではないだろうか?

「強力で強固なプラシーボ反応を引き起こすためには、まず酸素という条件付けが必要なのです」とベネデッティは言う。つまり、おそらくですが、これは単なる推測ですが、酸素は脳に痕跡を残すということです。この痕跡は、プラセボを投与したときに、脳がより多くの酸素の到来を予期し、酸素がなくても同じ生理的反応を再現することを意味しているのかもしれない。

このような方法は、スポーツにおいても重要な意味を持ちます。つまり、トレーニング中の選手に禁止薬物を投与し、試合前にプラシーボとすり替えることができるということです。「プラシーボは、体内に薬物がなくても効果を模倣することができます」とベネデッティは説明する。「これはアンチドーピング検査で問題になります」

アンチ・ドーピングはビーディーの研究の大きな焦点でもあり、アスリートに伝えたいメッセージでもあります。「プラシーボのおかげで速く走れるのであれば、薬を使わずにそれを利用するにはどうすればいいのか。生物学的、進化的に与えられたものを、本質的にどのように活用するか。」

これがプラシーボ効果の面白いところです。私たちには、より良い結果を出す能力があることを証明しています。私たちはただそれを信じるだけなのです。

スタディカテゴリの最新記事

テキストのコピーはできません。