よりよい投資家になるための5つの心構え

よりよい投資家になるための5つの心構え
投資のパフォーマンスに影響をしているのは感情なんだね。人間らしい人ほど、なかなか上手くいかないみたい。
鞍堂ロミオ
鞍堂ロミオ

最新の画像処理技術では、恐怖や幸福感に刺激されて光を放つ脳の領域を特定することができます。しかし、脳をスキャンしなくても、市場がそのような感情に翻弄されていることはわかります。2018年のダウ平均株価は、10月初旬からクリスマスまでに約5,000ポイント下落し、1月30日までの取引で約3,000ポイント回復しましたが、これは最近の歴史の中でも最大級の大変動でした。

このようなシグナルが出ると、心が揺さぶられます。買うべきか、売るべきか、それとも何もしないのか。雑音を無視して、ただ禅の心でいるべきなのか。あなたが規律正しい長期投資家であれば、それでよいと思いますが、顧客のために取引をしたり、お金を稼いだりすることで報酬を得ている場合は、あまり役に立たないでしょう。

行動ファイナンスの分野には、いくつかの答えがあります。まず、投資は感情を伴う行為であることは、(定量的な思考を持つ人にとっても)よく知られています。市場に対する私たちの感情や気持ちの多くは、脳の生化学的な働きによってもたらされます。私たちは、アフリカのサバンナに住む私たちの祖先から何千年もかけて進化してきたこのソフトウェアと共存するしかありません。残念ながら、あなたの先祖がライオンから逃れたのと同じ本能が、ベアマーケットに殺されるのを免れることはできません。

しかし、暗い話ばかりではありません。感情がどのように自分を迷わせるかを認識することで、投資家は最悪の衝動から自分を守るための手段を講じることができます。ファイナンシャル・アドバイザーは、顧客が自分の内面を理解し、投資の失敗を避けるようにコーチすることで、重要な役割を果たすことができます(それが最も重要な役割だと言う人もいます)

多くの金融機関では、アドバイザーをセラピストやコーチのように訓練しています。U.S. Bank Wealth Management社では、アドバイザー職の候補者は性格テストを受けますが、これは顧客にどれだけ共感できるかを確認するためでもあると、同社のマーケットリーダーであるダニエル・ファーリー氏は言います。Vanguard社は、行動コーチングを重要なサービスとしてアドバイザーに勧めている。Vanguard社のシニア投資アナリストで、コーチング技術を専門とするドナルド・ベニーホフ氏は、「アドバイザーは、ポートフォリオを構築するだけではなく、相手を理解することが自分の仕事だと知るべきです」と語る。

残念ながら、コーチングは正確な科学ではありません。カリフォルニア大学デービス校の金融学教授であるブラッド・バーバーは、常に効果のある介入方法やコーチングテクニックを特定する科学的証拠はほとんどないと言います。それは、がんの特効薬を見つけようとするようなもので、遺伝子の変異は非常に大きいため、一人ひとりに合った治療法が必要なのです。

そこで今回は、行動ファイナンスの第一人者に、自分の行動のトリプワイヤを認識し、ポートフォリオの破綻を防ぐためのヒントを聞いてみました。

1. 負け株を長く保有している

多くの投資家は、赤字の銘柄を手放すことができません。このような行動は、学術的にも証明されていますが、かなりの損失をもたらします。1998年に証券会社の10,000口座を対象に行われた調査によると、投資家が売却した勝ち組の平均リターンは、負け組を持ち続けた場合のリターンよりも翌年に3.4%高かったという。

解決策の一つは、なぜ負けた株にしがみついているのかを自問することです。それは、新しい情報に基づいて、その銘柄が反発すると本当に信じているからでしょうか?投資が失敗したことを認めることになるので、売りたくないのでしょうか?

サンタクララ大学の行動ファイナンスの先駆者であるハーシュ・シェフリンは、損失を機会として捉え直すことを考えてみてはどうかと言います。損失は、下がった銘柄から、現在の環境で意味のある銘柄やファンドへの「資産の移動」と捉えてください、と。「負けた銘柄を売る」という言葉は、自分が負けたような気分になるので避けましょう。勝者は資産を移すのです。 覚えておいてください。税務上の損失は、会計的には資産です。浪費せずに収穫しましょう。

2. 勝っているのに、すぐに売ってしまう

ペーパーゲインがある場合、売却して利益を確定させたいという誘惑に駆られることがあります。これは、エンダウメント効果(所有しているものが実際よりも価値があると信じること)の誘惑に勝るものです。しかし、多くの研究では、投資家は下落した資産よりも上昇した資産を売却する傾向があることがわかっています。これは「処分効果」と呼ばれる傾向です。

処分バイアスを回避する方法の一つは、取引画面上で株式の購入価格を隠しておくことです。このような効果を研究している南カリフォルニア大学の行動経済学者、カリー・フリードマン氏は、「情報の重要性を操作することで、取引のパフォーマンスを向上させることができる」と述べています。

購入した価格やポートフォリオの中での役割など、パフォーマンスに関係のないことよりも、その銘柄やファンドがまだ長期的に良い展望を持っているかどうか、他の人が見逃しているような情報的優位性があるかどうかなど、より関連性の高い情報に注目しましょう。

3. 自信過剰で過剰なリスクをとっている

コーネル大学の行動経済学者ヴィッキ・ボーガン氏は、多くの投資家が自分のスキルを過大評価し、外部のリスクを過小評価していると言います。投資家は、個々の銘柄を選ぶことで市場を出し抜くことができると考えているかもしれません(ほとんどの研究では、その可能性は低いとされています)また、株式リターンの見通しを過度に楽観視して、退職金口座の株式エクスポージャーを増やしすぎてしまうこともあります。

株を選んだり、アクティブ・マネージド・ファンドを利用したりする場合は、退職後の生活に大きな影響を与えない程度の金額で行うようにしましょう、とバーバー氏は言います。株取引をしたいときのために、少額の「ギャンブル用」口座を用意しておきましょう。そして、頻繁に取引したいという誘惑に負けないようにしましょう。「私の食器棚にチョコチップクッキーがないのには理由があります」とバーバー氏は言います。「あったら食べてしまうからです」

リスクを過小評価しがちな人は、メディアの記事や、反対の視点を持つアナリストを探すといい、とシェフリン氏は言う。「自信過剰が軽率なリスクを取ることにつながるのであれば、暗い話題をもう少し強調することで、もう少し慎重になるかもしれません」と彼は言います。

4. 適当にやってしまい、間違った手がかりに注目しがち

私たち(ジャーナリストを含む)の多くは、投資方法を体系化していません。そして、身の回りの混沌とした状況を常に説明しようとします。過去を象徴するパターン(「これはドットコム不況と同じだ!」)、事前の理論の確認(「市場は災害に向かっていると思っていた」)、あるいは連勝の兆候(ブラックジャックのテーブルでの「ホットハンド」のようなもの)を探します。大抵の場合、間違った洞察をしてしまい、歪んだデータポイントやヘッドラインを引くような出来事で取引をしてしまうことになります。

市場のシグナルに振り回されていると感じたら、自分の口座で「マネーボール」をやってみましょう。カリフォルニア大学バークレー校のテランス・オディーン教授は、「自分の投資を統計的に厳しくチェックし、何が正しくて何が間違っているのかを探ってみてください。投資家がどれだけ適当にやっているかは驚くべきことです」と彼は言います。「個人投資家は、目についたものに振り回される傾向があります。私のアドバイスは、自分がやったこと、やらなかったことを研究し、記録を残し、何がうまくいっているかを見ることです」

5. 株が暴落し、売りたくてたまらない

最近の歴史は長く続かない」という考えを口にするのは簡単ですが、自分自身を納得させるのは難しいものです。私たちは皆、最新のトレンドが継続することを期待する再帰性バイアスに陥りがちです。また、何年も先に得られる報酬(退職金の増加など)と引き換えに、短期的な痛みを我慢するのは難しいことです。

悲観的な状況で売るという失敗を犯すよりも、衝動的に行動しなかった自分にご褒美をあげましょう。例えば、ジムに通うことを苦痛に感じるのではなく、マッサージを受けたり、配偶者とのデートの約束をしたりするなど、良い運動をしたときのご褒美を用意しておくのも良いでしょう。

また、最近の出来事を振り返ってみるのもいいかもしれません。シェフリン氏は、市場の歴史についてクイズをしてみることを勧めています。史上最長の強気相場や、連続して株価が上昇した日は何日か?歴史的に見て、市場の低迷やボラティリティーはよくあることだと知っていれば、安心できるでしょう。正解した人はビール代を払わなくて済むので、友達とトリビアゲームをしてみましょう。

もしも失敗したら、ウォーレン・バフェットのアドバイスを書いた付箋をパソコンに貼っておきましょう。他の人が怖がっているときこそ、貪欲になれ。バフェットは、市場の下落によってダチョウになることはありませんでした。損失を出しても、それで落ち込むことはなかった。損失を出しても落ち込まず、売り時を見計らって株を買っていたのです。

勝ち組と負け組があって行動に違いがあるとすれば、それは負けた時にどう動くかにあるのかもしれません。いちいち感情的になる人は注意した方がいいかもしれません。

投資カテゴリの最新記事

テキストのコピーはできません。