性格が合わない人との難解な会話に役立つ心のトリック

性格が合わない人との難解な会話に役立つ心のトリック
快適なゾーンにいると人間は成長できない。マイナスをゼロにできれば人生はもっと明るくなります。さあ、今日からレッツ、メントレ!
メンタルトレーナー雑賀
メンタルトレーナー雑賀

非常に難しい関係にある同僚を想像してみてください。何の変哲もない会話でも、緊張して不快にさせる人です。その人は、話題に関わらず、あなたに反発し、味方というよりは敵対するように物事に取り組んでいます。

その人を鮮明に、そして直感的にイメージできたら、次のような場面を想像してみてください。机に向かって仕事をしていると、その人からのメッセージが画面に表示されます。メッセージを開いてみると、次のように書かれています。

「送られてきたプレゼン資料のドラフトを受け取りました。いくつかの間違いを見つけたので、より良いものにするためのアイデアを考えています。午後3時にあなたのオフィスにお邪魔して、議論したいと思います」

そのメールを見て、あなたはどのように感じましたか?怒っていますか?突然、午後3時にオフィスを離れる口実を探していませんか?どれもごく一般的な反応です。多くの人は、「私のプレゼンの間違いを探すなんて、なんて嫌な奴なんだ!」とか、「ああ、彼女にはいくつかのアイデアがあるんだな。」と思っています。

さて、その人のことは頭から消し去りましょう。

代わりに、とても仲の良い同僚や、いつもあなたの味方をしてくれる人を思い浮かべてください。この人は、重要な問題について調整したいときに相談する人です。その人を思い浮かべたら、次のシナリオを想像してみてください。机に向かって仕事をしていると、その人からのメッセージが画面に表示されます。メッセージを開いてみると、次のように書かれています。

「あなたが送ってくれたプレゼン資料のドラフトを受け取りました。いくつかの間違いを見つけたので、より良いものにするためのアイデアを考えています。午後3時に君のオフィスに行って話をしよう」

さて、あなたはどう感じますか?ほっとしましたか?感謝していますか?私がこの質問を投げかけた何千人もの人々と同じように、あなたも会話に興味を持ち、楽しみにしていることでしょう。机の上にお菓子を用意するように、期待に胸を膨らませているかもしれません。

それほどまでに、思い込みや偏見は認識に大きな影響を与えるのです。さらに悪いことに、午後3時からの会議がどのように違うものになるかを考えてみると、全く同じメッセージを2人の人間が伝えることで、全く違う結果になるのです。

敵と思われる人とのミーティングでは、最悪の事態を想定し、おそらく自分でも気づかないうちに、考え方や反応、特にボディランゲージがネガティブで抵抗感のあるものになっています。あなたの行動を見て、同僚は防御的で敵対的な態度を取り、それがあなたのより深い敵対的な行動を生む(そして正当化する)、といった具合です。その結果、あなたも同僚も心を閉ざし、信頼は失われ、組織はより良い結果を得るチャンスを失ってしまうのです。

これとは対照的に、味方と思われる人とのミーティングでは、あなたは最善を想定し、あなたの言動はアイデアに対してオープンであり、熱意さえも示しています。そして、共有と学習が行われ、仕事の質が向上し、二人の間の信頼関係が深まっていきます。

このような破壊的な状況を打開するには、マインドフルネスが有効です。自分がしている仮定に気づくことで、偏見による悪影響を覆す機会を得ることができます。

これから数日間は、同僚の言動にどう反応するかに注意してみてください。自分の体に耳を傾けると、そのヒントが得られます。心臓がドキドキするのはいつですか?心臓がドキドキするのはどんなときか、こぶしを握るのはどんなときか、声を荒げるのはどんなときか。声を荒げるのはいつですか?どんなときに心臓がバクバクするのか?

自分が反応していると感じるたびに、立ち止まって自分に何が起こっているのかを考えてみてください。ネガティブな反応を引き起こしているのは、何を想定しているか、何を推測しているか。最も激しい反応は、相手の性格や動機を決めつけたり、相手が自分の性格や能力をどう考えているかを推論したりしたときに起こることに注意してください。

あなたは、チームメイトが嫌な奴だとか、バカだとか、あなたを狙っているとか、そういったことを決めつけていませんか?彼の発言は、あなたが頭が良くない、好感が持てない、成功しないことを示唆していると解釈しましたか?自分のネガティブな思い込みに気づくことは、(多少の違和感はあるものの)貴重なステップです。

自分のデフォルトの結論に気づいたら、より生産的な仮説を立ててみましょう。最も簡単な方法は、相手の性格に関する仮定を、状況に関する属性に置き換えることです。間違いを指摘した彼は嫌な奴だ」ではなく、「このプレゼンの重要性から、彼は特に高い基準を持っていたのかもしれない」と考えるのです。そうすれば、あなたはより寛大で共感できるようになり、より良い会話ができるようになるでしょう。

自分自身についての推論も同様です。チームメイトが自分のことをバカだと思っていると結論づける(自分の価値についての包括的な発言)のではなく、その状況における自分の行動について考えるようにしましょう。

「もしかしたら彼女は、私がなぜこの方法がベストなのか、十分な根拠を示さなかったと思っているのかもしれません。」

同僚の行動に対するネガティブな感情を排除するわけではありませんが、状況に応じた解釈をすることで、敵意や判断力が弱まり、より生産的なやり取りができるようになります。この方法をマスターしたら、次のステップに進み、憤慨している言葉や行動の裏にあるポジティブな動機を探してみましょう。

例えば、上記のメールに対する最も一般的な反応は、相手が自分を狙っていると考えることです。その代わりに、同僚はあなたがミスのある書類を提出しないように気を配ってくれていたと考えることもできます。午後3時のミーティングは、その人があなたの仕事に興味を持ち、投資し、協力したいと思っていることを示していると考えることもできます。

これらは、とんでもない、ポリアンナ的な仮定ではありません。信頼している人から助けの申し出があったとき、あなたは自然にそう考えたのです。自分の考えにもっと注意を払い、ネガティブな思い込みをポジティブな思い込みに置き換えることで、口に出さなくてもチームの雰囲気を良くすることができるのです。

しかし、このマインドフルネスなアプローチを最大限に生かすためには、もう一つのステップがあります。社内で模範としている好奇心を外に向かって示すことです。あなたは、プレゼンテーションの方向性を変えたほうがいいと思っています。あなたはプレゼンテーションを別の方向に進めるべきだと考えているようですが、ストーリーの方向性についてどのようなビジョンをお持ちですか?あるいは、

「資料の中のいくつかのデータポイントについて、私と意見が合わないようですね。何を基準にしているのですか?」

会話の内容がすぐに変わったのがわかりますか?どちらが正しいかを争うのではなく、問題を一緒に解決しようとする二人の会話になっています。このように、会話の枠組みを変えるだけで、脳の異なる部分に働きかけ、より建設的な議論ができるようになるのです。(再評価が、扁桃体の敵対的プロセスから離れて、前頭前野に作用することを示す興味深い証拠として、Hassin et al.2010の自制心に関する研究を参照してください。)

自分の偏見を意識して初めて、より建設的な道を選ぶことができます。ポジティブな思い込みは、あなたを進歩に向かわせますが、ネガティブな思い込みは、あなたを過去に埋没させます。今こそ、自分の偏見を克服し、チームの全員から価値を引き出す方法を心がける時です。

コーチングカテゴリの最新記事

テキストのコピーはできません。