プレッシャーに負けないメンタルの秘訣

プレッシャーに負けないメンタルの秘訣
物事を相対化することで問題を小さく感じられることはないですか。そのようなトリックを学ぶと日々の成長に繋げられますよ。さあ、今日からレッツ、メントレ!
メンタルトレーナー雑賀
メンタルトレーナー雑賀

ジェリー・サインフェルドは非常に生産性の高い人物ですが、同時に膨大なプレッシャーに対処しなければならない人物でもあります。この精神的なトリックは、プレッシャーを感じているときに、視点を変えて神経を落ち着かせるのに役立ちます。

映画監督のジャド・アパトー氏の近著『Sick in the Head』の中で、サインフェルド氏は、テレビ番組「サインフェルド」の脚本家の部屋で神経を落ち着かせるための風変わりな方法を明かしています。それは、ハッブル宇宙望遠鏡で撮影された宇宙写真を見て、すべてのことがどれほど些細なこととして認識されうるのかを思い出すというものです。サインフェルド氏はこう説明します。

これは重要なことだと思い始めたときに、私を落ち着かせてくれます。これを言うと、『自分が取るに足らない存在だと感じてしまう』と言われることがよくあります。しかし、私は自分が取るに足らない存在であることを鬱陶しいとは思いません。私は、自分が取るに足らない存在であることを鬱陶しいとは思わず、高揚感を覚えるのです。

宇宙の写真を見ても、世界の大きな問題について読んでも、自分が取るに足らない存在だと感じる時間を持つことは、とても自由なことです。突然、生死を分けるような決断をしなければならなくなっても、大したことではないと思えるようになります。あるいは、キャリアを左右するような大きなリスクを冒しても、それは単に最善の一歩を踏み出すためのものでしかありません。もちろん、取るに足らないと感じることに没頭してはいけませんが、視点を変えることで、物事を違った角度から見ることができます。

このような経験則から得た考え方が新鮮に思えました。プレッシャーを感じやすい人は、ここから学べることがあるかもしれません。

今すぐ情報にアクセスする方法

CTA-IMAGE AI開発に投資していただいた方に早期アクセスや業界最高エージェント情報の特典を用意しています!出資限定お早めに!

スタディカテゴリの最新記事