誰とでも、どこでも、素晴らしい会話をする方法

誰とでも、どこでも、素晴らしい会話をする方法
成功者ほど積極的に動いてコネクションを作り、それを大事にしています。会話のスキルだけで上り詰める人もいるくらいですからね。さあ、今日からレッツ、メントレ!
メンタルトレーナー雑賀
メンタルトレーナー雑賀

見知らぬ人との小話をより深いものへと掘り下げていったところ、記憶に残る交流についての教訓になりました。私が学んだことは以下の通りです。

最高の会話は、私たちの心を打ち砕きます。その会話は、私たちの心を柔らかく揺さぶり、可能性に満ち溢れ、物事の不思議な性質に魅了されます。誰かと本当に「そこに到達」したとき、私の友人がかつて「荒野」と呼んだ場所にたどり着きます。自分がどこにいるのかわからなくなるかもしれませんが、そこが神秘的で美しい場所であることはわかります。数年前、見知らぬ人との思いがけない交流が続いたとき、私はこのことを最も強く感じました。その経験をもとに本を書きましたが、これはまさに驚くべき会話の年代記です。正確な地図はないかもしれませんが、今思い出すと、その荒野にたどり着くためのいくつかのヒントがあります。

運転手を従わせる

クリストファー・イシャーウッドが「運転手」と呼んだように、会話は日常生活の基本的な部分であり、私たちは皆、高度な技術を持つ自動操縦士に頼っています。運転手とは、考えたり注意を払ったりしなくても、自分の中で動き出す部分です。運転手は、あなたのよく知っている話を提供したり、お気に入りのジョークを言って笑いを取ることができますが、彼らが運転しているとき、あなたは本当の意味で存在していないのです。会話を続けるためには、反復や離脱の要素が必要ですが(人としての本質的な部分でもあります)、何か深いものや異なるものを求めているときには、問題となることがあります。ステップ1では、実際に運転手がいることに気づくことから始めます。どのくらいの頻度で運転手に運転させていますか?どんどん増えていませんか?もしかしたら、運転手と向き合い、車から追い出す時が来たのかもしれません。

台本からそれる

いつも話していることを話していると、以前にも話したことがあるような会話になってしまいますよね。同じ轍を踏むことになります。代わりに、脇道を探してみましょう。あなたが最近考えていたランダムな思考や理論を話してみましょう(例:「タイプするのとは違い、手書きで書くときは違うタイプの文章になることに気づいたんです。」)読んだ本の中で気になったものや、街で見かけた不思議なものを話題にしてみましょう。最近、あなたの中で蘇ってきた記憶。あなたが魅了されているものを紹介してください。残念なことに、ほとんどの会話は天気や仕事、政治やスポーツなどの狭いガードレールの中に閉じ込められてしまいます。これは、雑談の隠れた目的が、自分が普通であることを証明することにあるという点では納得できます。しかし、その相手が知り合いなら別の方法もあります。あえて経験と観察の荒野に向かってみるのです。たとえば、肘の傷跡の幻の疼きについて話すとか、朝の鳥を見ていると、昔のCMのジングルを思い出すとか、洗練されていないアイデアを持ち出してみる。この方法は気の弱い人には向いていないことは認めます。必ずしもうまくいくとは限りません。しかし、うまくいったときには、感動的です。

注目を集める

まず、当たり前のことを説明しましょう。メールに返信したり、携帯電話をスクロールしたりするのはやめましょう。アイコンタクトをとりましょう。相手が話をしているときに、心に響く話があれば、うなずいて肯定してみましょう。このような小さな行為が、つながりの空間をつくるのです。もっと深いところでは、おそらく最も重要なことですが、自分が話す順番を待つだけではいけません。相手の話にじっくりと耳を傾けましょう。もし、自分の話をしているときに、相手が自分の話をしたいがために半分しか聞いていなかったとしたら、どう思いますか?コヨーテに追われた話をただ流すのではなく、謝意を伝えましょう。その話をするのは構いません。しかし、単に「それを聞いて思い出した」というだけでなく、より深いつながりを築くようにしましょう。最高の会話とは、交互に繰り返される独り言ではありません。相互作用の中に存在するのです。

精神的な時間を醸し出す

あなたがどこにも急いでいないことを(暗黙のうちに、あるいは明白に)相手に伝えることが重要です。その安心感が、相手の話す内容や深さに影響するかもしれません。最近、10年以上会っていなかった幼馴染に会いました。コーヒーを飲もうと思って選んだドーナツ屋さんがとんでもなく長蛇の列になっていて、申し訳ない気持ちになりました。私はその土地のことをよく知らないので、別の店を探してあげると言いました。しかし、彼は「構わないよ」と言ってくれた。私は、心の中で「よし、ゆっくりしていいんだ」と安堵することで色々な会話を楽しむことができました。

話を掘り下げる

判断を保留し、思い込みを排除してみてください。その代わりに、根本的な驚きの感覚を養いましょう。自分で考えないようにする。「またボウリングの話か… 」と思わないようにしましょう。そうではなく、それに従うのです。彼がなぜそんなにボウリングに魅了されているのか、その理由を探ってみましょう。ボウリングの意外な起源を知っているかもしれません。古代ドイツのゲームで、罪を祓うために行われていたとか、ピンがかつて「スキットル」と呼ばれていたとか。もしかしたら、現代のボウラーがどのようにガッターを使っているかについて意見を持っているかもしれないし、アメリカ社会における集団活動の衰退を研究したロバート・パットナムの『Bowling Alone』を引用する機会があるかもしれない。重要なのは、誰もが何かに精通しているということです。そこに連れて行ってあげてください。自分の思い込みという障害を乗り越えたときに、何かを学ぶことが多いのです。

一対一を大切にする

確かに、グループでの会話は素晴らしいものです。より多くの声を集め、面白い反響を生み出すのに有効ですが、グループの力関係や政治的な問題が発生することもありますし、人々にチェックアウトの許可を与えることにもなります。1対1の会話では、テンションが上がります。あなたは島にいます。陰謀の中にいるようなものです。夢に繰り返し出てくるヤギの魔法使いのキャラクターや、仕事で抱えている厄介な問題など、会話の行く末にずっと影響を与えることができるのです。上から目線で話しかけられたり、仲間外れにされたりする恐れが少ないのです。適合しなければならないというプレッシャーもありません。自分と相手しかいません。小さなリスクを冒して個人的になるには、より安全な空間です。あなたが自分を少し無防備にすると、多くの場合、相手も許可されたように感じます。

コーチングカテゴリの最新記事

テキストのコピーはできません。