ウォーレン・バフェット投資アドバイス10の秘訣【後編】

ウォーレン・バフェット投資アドバイス10の秘訣【後編】
投資をギャンブルにしてしまうのは自分自身だと気づくことから本当の投資が始まるのかもしれないね。
鞍堂ロミオ
鞍堂ロミオ

ウォーレン・バフェットの投資アドバイス

バフェット氏の投資アドバイスの中から、私が気に入っているものを10個選んでみましたのでご紹介します。

前編では5つ、この後編では残り5つを紹介していきます。

>> ウォーレン・バフェット投資アドバイス10の秘訣【前編】

6. 投資に「簡単なボタン」は存在しない

投資に関する最大の誤解の1つは、洗練された人だけが株式の銘柄をうまく選ぶことができるというものです。

しかし、生身の知能は、間違いなく、投資の成功を予測する要素としては最低ランクに位置すると考えてみるべきです。

「ロケット科学者である必要はありません。投資は、IQ160の人がIQ130の人に勝つようなゲームではありません」 – ウォーレン・バフェット

ウォーレン・バフェットの投資哲学を踏襲するのに天才は必要ありませんが、誰もが一貫して市場に勝ち、行動上のミスを回避することは極めて困難です。

同様に重要なことは、投資家が意識しておかなければならないのは、市場を打ち負かすことができる魔法のように「簡単なボタン」などは存在しないということです。そんなものは存在しないし、今後も存在しないだろう。

「投資家は、歴史に基づくモデルに懐疑的であるべきです。これらのモデルは、オタク的な響きを持つ聖職者によって構築されたもので、印象的に見える傾向があります。しかし、投資家はモデルの背後にある前提条件を検証することを忘れてしまうことがよくあります。」 – ウォーレン・バフェット

投資で大金を稼ぐ人がいる以上、何かしらのボタンは存在するでしょう。しかし、それは誰かに与えられたものではなく、スーツをオーダーするように自分に合ったものであるはず。

何の努力もいらないシステムで儲かることなどありえない話ですが、自分に合ったシステムを努力して持ったのであれば勝ち続けられる可能性はあります。

7. 価格と価値の違いを知る

株価は毎日のように目に飛び込んできます。なぜか投資家は、画面に表示されるテロップに執着したがる。

「株式市場は、すべてのものの価格を知っているが、何の価値も知らない人であふれている。」 – フィル・フィッシャー

しかし、株価は本質的に、基礎となるビジネスのファンダメンタルズよりも変動しやすいものです。(ほとんどの場合)

言い換えれば、株価が企業の長期的な見通しと全く相関しない期間が市場に存在する可能性があります。

金融危機の際には、事業の質や長期的な収益の可能性にかかわらず、投資家がすべての企業をすぐに売却したため、多くの掘り出し物がありました。

多くの企業は、不況の中でも競争力を強化し続け、危機を脱してさらに明るい未来を手に入れました。つまり、株価と事業価値が(一時的に)分離していたのである。

「2008年末に起きた異常な金融パニックの中で、私は明らかに深刻な不況が迫っているにもかかわらず、自分の農場やニューヨークの不動産を売ろうとは一度も考えませんでした。また、長期的に有望な事業を100%所有していたとしても、それを捨てることを考えるのは愚かなことだったでしょう。」- ウォーレン・バフェット

長期投資家として、私たちはウォーレン・バフェットの投資アドバイスに従う必要があります。質の高いものは、値下げされたときに買う。

「価格は、あなたが支払うもの、価値はあなたが得るものである。」 – ウォーレン・バフェット

株価は投資家の感情によって揺れ動きますが、だからといって企業の将来のキャッシュフローの流れが変わったわけではありません。

企業の将来的な収益の流れについては常に議論がありますが、意見の相違の幅は通常、株価の変動幅よりもはるかに小さいものです。

投資家は、価格と価値を区別し、現在最も妥当な価格で取引されている高品質の企業に努力を傾ける必要があります。

8. 最高の動きはたいていつまらない

株式市場への投資は、手っ取り早く金持ちになるための道ではない。

どちらかというと、株式市場は、既存の資本を長期間にわたって適度に成長させるために最も適していると考えています。

投資はエキサイティングなものであってはいけない。

特に配当成長投資は保守的な戦略であり、新興産業の次の大ヒット商品を探すよりも、すでに価値が証明されている企業に投資する方が良い場合が多いのです。

「私たちは、まだ実績のない企業の中から数少ない勝者を見つけようとはしません。私たちは、そんなことができるほど賢くないと知っています。」- ウォーレン・バフェット

結局のところ、何年もかけて価値を高めていくような優良企業を見つけられるかにあります。それができていれば、ポートフォリオのリターンは自ずとついてきます。

長く成功している企業の多くは、スナック菓子、飲料、歯磨き粉、薬、コンビニエンスストアなど、基本的な製品やサービスを提供しています。

刺激的なビジネスではありませんが、業界の変化のペースが遅いため、業界のリーダーが守られていることが多いのです。配当貴族指数や配当王リストに掲載されている多くの企業は、この現象の恩恵を受けています。

「拍手喝采の投資活動には気をつけよう。偉大な動きはたいていあくびで迎えられる。」 – ウォーレン・バフェット

投資でヒーローになろうとしたり、誰かを感動させようとする必要はありません。つまらないことが美しいこともあります。

9. 低コストのインデックスファンドは、ほとんどの投資家にとって賢明である

ほとんどの投資家が市場に勝つことができず、しかも大差で負けることをご存知ですか?

市場のタイミングを計ろうとしたり、過剰なリスクを取ったり、感情に任せて取引したり、自分の能力の範囲を超えてしまったりと、様々な方法でパフォーマンスを損ねているのです。

さらに悪いことに、積極的に運用されている投資ファンドの多くが過剰な手数料を徴収し、リターンや配当収入を奪っています。

ウォーレン・バフェット氏は、史上最も多くの銘柄を選んだ人物であるにもかかわらず、2013年の株主総会でパッシブ型インデックスファンドを提唱しています。

バフェットが亡くなり、彼のバークシャー・ハサウェイ社の株式が慈善団体に寄付されると、バフェットの受託者は従うべき明確な指示を出します。

「私から受託者へのアドバイスはこれ以上ないほどシンプルです。現金の10%を短期国債に、90%を超低コストのS&P500インデックスファンドに入れなさい。この方針による信託の長期的な成果は、年金基金、機関投資家、個人を問わず、高額な手数料の運用者を雇っているほとんどの投資家が達成するものよりも優れていると確信しています。」 – ウォーレン・バフェット

低コストでパッシブなインデックス投資は、多くの投資家にとって、特に安定した配当収入を得ることにこだわらなければ、検討すべき素晴らしい戦略となるでしょう。(ETFの配当金は一過性のものになりがちで、弱気な市場ではカットされやすくなります)ほとんどの銘柄選択者は、その高い手数料を正当化するだけのパフォーマンスを得ることができません。

10. 自分が知っていて信頼できる人の話だけを聞く

ウォーレン・バフェットは、株主向けの手紙や時折のインタビューを通じて、信頼できる有能な経営陣にのみ投資することの重要性を強調しています。

簡単に言えば、バフェット氏はビジネスパートナーや経営者を選ぶ際には非常に慎重である。彼らの行動が、今後何年にもわたって投資を成功させるか失敗させるかを左右するからです。

「経営者がオーナーの利益に無頓着であることを示してしまえば、経営者が価値を低下させる行為を一過性のものであると保証したとしても、株主は自分の株の(他の株との)価格/価値比に長いあいだ苦しむことになる。」- ウォーレン・バフェット

ウォーレン・バフェットは、私たちよりもはるかに多くの人脈を持っているので、特定の業界で誰が最も信頼できる経営陣なのかを知るのに役立っています。

私たちは、投資のために上場企業のCEOの人柄やスキルを評価するリソースを持ち合わせていませんが、投資先の選定やポートフォリオの管理については、誰の意見を聞くかをコントロールすることができます。

金融の世界には、良い意味でも悪い意味でも多くのキャラクターが存在します。残念なことに、投資家の非現実的な期待や、恐怖や欲の感情を利用して、手っ取り早く利益を得ようとする人たちがいます。

多くの金融関係の「達人」や言論人は、より多くの広告を売るために注目株を発表したり、新規購読者を獲得するためにセンセーショナルな主張をしたり、手数料を得るために投資家に取引をするように説得したりすることが仕事です。

これらの活動は、個人投資家にとっては何の利益にもならず、自称「専門家」は一般的に、私たちが未来を予測するよりも優れていません。彼らは、自分の利益のために自信家を演じなければならないのです。

「株価予想屋の唯一の価値は、占い師を喜ばせることだと私たちはずっと思ってきました。」- ウォーレン・バフェット

実際のところ、アドバイスをしてくれる専門家のほとんどは、日常的な基準で見れば、とても平凡な人たちです。

「地下鉄で通勤している連中の助言を、ロールスロイスでやってきた人々がありがたく拝聴する場所はウォール街以外にない。」 – ウォーレン・バフェット

単純に安全な配当を得るための使命の一つは、金融界にはびこるノイズやギミックを断ち切ることです。

投資家の皆さんには、事実に目を向け、投資にはランダム性があることを認識し、現実的な期待を持ち、道を踏み外すことのないようにしていただきたいと思います。

ウォーレン・バフェットの投資アドバイスを終えて

私たちはしばしば、投資を必要以上に難しくしています。ウォーレン・バフェット氏は、常識に根ざしたシンプルなアプローチをとっています。私は株式調査アナリストとして働いていた経験から、彼の投資の秘訣に共感していますが、だからといって、その全てを簡単に実行できるわけではありません。

ウォーレン・バフェットの投資アドバイス(長期的な視点、優良配当銘柄へのこだわり、自分の能力の範囲内での行動など)を取り入れることで、ポートフォリオの管理を改善し、コストのかかるミスを減らし、目標達成に継続的に近づいていくことができます。

バフェット流投資が地味なのだから、私たちの投資は派手になりようがないでしょう。プロなら理想的な形で投資で勝てると勘違いしないことが正しい投資への第一歩になります。

ギャンブル嫌いな人は、どういうものがギャンブルなのかを知らない。これは、とても大きなリスクを抱えているのと同じです。

短期で大損していく人を見て「投資をギャンブルだ」と言うのはあまりにも無知で滑稽なことだと理解してもらえれば幸いです。

投資カテゴリの最新記事

テキストのコピーはできません。