良質なToDoリストは日記よりも気づきをもたらしてくれる

良質なToDoリストは日記よりも気づきをもたらしてくれる
自分が何をしてきたのかという行動の記録はあとでデータとして役立ちます。自分の悪い癖が分かれば人生は意義のある投資になっていきます。さあ、今日からレッツ、メントレ!
メンタルトレーナー雑賀
メンタルトレーナー雑賀

過去1年間の自分のタスクを誰かに読まれたら、恥ずかしいですよね。

多くの人が、To-Doリストの横暴さや終わりのなさを嫌っていますが、To-doリストは常に私の世界に秩序を与えてくれます。To-doリストは、私ができないことを記録します。私の人生において、To-doリストは敵ではなく味方なのです。

1年ほど前、私は毎日のリストを紙とペンで書くようにしました。パンデミックが発生したときの生活は、あまりにも圧倒的に支配されていたため、携帯電話のメモアプリを使って奇妙な1日を記録し続けることはできませんでした。毎晩、スパイラルノートを手に取り、次の日にやりたいことをほぼ時系列で書いていきました。これは、眠る前のブレインダンプのようなものです。

パンデミックの日々が奇妙で反復的なものになるにつれ、私の紙のToDoリストはますます華々しく、詳細で、細かいものになっていきました。私にとって最大の仕事であると同時に、最小の勝利でもあるのです。朝、20分の散歩をする。500語を書く。髪を洗う。枯れた体幹を助けるために2分間のプランクをする。情報源を追いかける。スタンプを注文する。会計士にメールする。

こうした刻みを入れるたびに、背中を叩かれているような気分になり、あと1日頑張れば大丈夫だと小さく認められているような気がしました。特に、私を励ましてくれる人が誰もいないときはそうでした。ToDoリストを作成して実行する気力が湧かない日は、「とても悪い日」になりがちです。

この習慣が定着したことで、今では数冊のノートに人生のあらゆる雑事が書き込まれるようになりました。もし誰かが、私の流行した年の記録である数百ページのうちの1ページを見たら、私は完全に恥ずかしい思いをするでしょう。

しかし、本当に良いToDoリストとはそういうものです。それは非常に個人的なものであり、優しいものでもあります。それは、自分が何を心配しているのかを明らかにするものです。毎日、自分のために必死でやっていること。毎週、毎週、できそうにないこと。あなたが楽しみにしていること。そして、誰を愛しているのかも。

生産性向上のためのアプリや日記、チャレンジなど、より多くのことをこなすために購入できるものには事欠きません。しかし、最高のTo-Doリストとは、最も正直なものです。あなたを応援し、あなたの欠点を明らかにし、あなたの勝利を照合するものです。また、誰にも読まれてはいけないものでもあります。

自分をよく知るための一つの方法

世の中には、より整理された状態でタスクをこなせるようにしてくれる便利なアプリやデジタルツールがたくさんあります。しかし、最高のTo-Doリストは、紙にペンで書いたものである場合があります。

これは、何かを手で書くことで脳に定着させることができるなどのメリットもあります。手で書かれたTo-doリストは、日記のように親密で明快なものになることも大きいでしょう。

とある専門家は「本当に良いToDoリストとはそういうものです。極めて個人的で、優しさに満ちています。自分が何を心配しているのかを明らかにします。毎日、自分のために苦労していること。毎週、毎週、どうしてもできないこと。あなたが楽しみにしていること。そして、あなたが誰を愛しているかさえも。」

だから、今日も、明日も、明後日も、To-Doリストを書き出してみてください。自分の考えを整理すると同時に、自分を知るための道を歩み始めているのです。

スタディカテゴリの最新記事

テキストのコピーはできません。