潜在能力を引き出すためのシンプルなメンタルトレーニング

潜在能力を引き出すためのシンプルなメンタルトレーニング
色々トレーニングしても最後に自分を突き動かすのは心からの慟哭です。本気で変わりたいと思えるかどうか。さあ、今日からレッツ、メントレ!
メンタルトレーナー雑賀
メンタルトレーナー雑賀

競技中に体が動かず、パフォーマンスに失敗した場合、メンタルトレーナーと協力することが有効です。メンタルトレーニングが、スポーツにおいて自分の可能性を最大限に引き出すために役立つだけではないことを説明していきます。

多くの持久系アスリートが、メンタルトレーナーと一緒に仕事をすることで、最高のパフォーマンスを発揮できることを実感しています。2時間15分25秒というマラソンの世界記録を長年保持していたポーラ・ラドクリフ選手は、このようにコメントしています。「精神力を高めることは、ランニングだけでなく、人生そのものにおいても報われる」

バイアスロン界のレジェンドであるオーレ・エイナル・ビョルンダレンやエミル・ヘーグル・スヴェンセンも、その偉大なキャリアの中でメンタルトレーニングの有効性をしっかりと確信していました。

このような意識は、ホビーアスリートの間ではすでに浸透していることが多いのですが、具体的に実行するためのアプローチが欠けているケースがほとんどです。

日常生活にも役立つメンタルテクニック

もちろん、趣味でスポーツをしている人は、そのスポーツで生計を立てているわけではありません。とはいえ、持久力トレーニングに多くの時間を費やし、情熱にお金をかけています。努力しているにもかかわらず、大会でのパフォーマンスを思い出すことができなければ、悔しい思いをします。メンタルコーチのウォルフガング氏は、「ネガティブな考え、疑問、緊張が、彼らの心の支えになっている」と言います。アドバイザーは、このようなプレッシャーのかかる状況に適したメンタルテクニックを提供します。

「メンタルトレーニングを始めようと決心したアスリートは皆、自分の中のプロセスを始めます。また、自分の弱点を直視し、コンフォートゾーンを離れ、変化を許容することも必要です」。これは必ずしも簡単なことではありません。
習得した知識は、スポーツ競技だけでなく、プライベートや仕事などの日常生活でも活用できます。そして、失敗を恐れる気持ちが最も強いときにこそ、重要な意味を持つのです。

緊張は身体を麻痺させる

緊張は、文字通り、身体を麻痺させます。月並みな言い方ですが、パフォーマンスの低下は、筋肉やテクニックの不足よりも、心の持ちように起因することが多いのです。心の中にある自信のなさ、失敗への無秩序な恐れ、自分で作ったプレッシャーは、少なくとも不十分な準備と同じくらい重くのしかかってきます。

「多くの人は、原因に対処して精神的なスキルを強化するのではなく、さらに努力とトレーニングをして成功をもたらそうとするという過ちを犯しています」と、アドバイザーは言います。このような努力の拡大は、しばしば逆効果になってしまう。私はこれだけの投資をしたのだから、今こそ報われなければならない。

自信を持つことが大切

メンタルトレーニングの最大の目的は、アスリートが理想的なパフォーマンスを発揮できる状態になることです。これはまさに、アスリートが(まだ)自分の行動を気持ちよく感じられる状態です。

そのために必要なのが、単なる素質でも運命の一致でもない「自信」なのです。

トレイルランナーもマラソンランナーもフリークライマーも、自分の能力に自信があってこそ、自分の目標を達成できるのです。ザイドルは自分の経験から、アスリートの自信はメンタルトレーニングによって高められると確信している。

メンタルトレーニングでは、アスリートは集中力を意識的に鍛えることを学ぶ。競技者は、「今ここで集中力を束ねて正しい方向に導くと、どれだけ多くのエネルギーを自由に使えるようになるかを経験するだろう」と、アドバイザーは長年の仕事から確信している。

スポーツにおける「思考の力」とは

思考は脳内の電気化学的プロセスを引き起こし、パフォーマンスに決定的な影響を与えるため、これは生物学的に決定されています。心身症を患ったことのある人なら誰でも、「体と心」の一体感がどれほど強力なものかを知っているでしょう。

メンタルトレーニングでは、すべての作業段階において、常に具体的な目標を扱います。これは明示的に開発されなければなりません。自分の目標を知っている人だけが、それを達成することができます。正しい目標を定めることは、一見するとはるかに難しいことです。というのも、決してパフォーマンス目標だけの問題ではなく、第一段階として、パフォーマンス目標とアクション目標を設定する必要があるからです。

さらに、メンタルトレーニングは、緊張と緩和のバランスを見ながら、回復と再生のプロセスに役立ちます。特に、目まぐるしく変化する複雑な日常世界では、人々は常に多くの刺激にさらされているため、スイッチを切り、身体、心、魂に休息を与えることがより重要になっています。

フィジカルトレーニングができない局面では、メンタルトレーニングも重要な役割を果たします。メンタルトレーナーは集中力の維持に役立ちます。メンタルワークは、しばしば治癒プロセスを促進する効果があります。

強さは身につくもの

「誰もが精神的なスキルを開発し、拡大することができます。しかし、新境地を開拓するには、時間と労力と勇気が必要です」と、アドバイザーは説明します。元ロシアのチェス世界チャンピオン、ガルリ・カスパロフはかつてこう言いました。

「問題を解決するための新しい方法は、新しい方法を探し、それを踏む勇気を持つことでしか見つかりません。もちろん、すべてがゴールにつながるわけではありませんが、実験をすればするほど、実験の成功率は上がります。」

スポーツでも、プライベートでも、仕事での挑戦でも、どこでも有効な言葉です。

メンタルトレーニング。さあ、始めよう

1.定期的に呼吸に気を配る。休息時には、深くゆっくりとした腹式呼吸に集中し、体にどのような変化が起こるかを観察する。

2.トレーニング中のセルフトークや心の問題を意識して、自分に質問してみましょう。今、私の頭の中にはどんな考えが浮かんでいるか、それは役に立つものか、それとも邪魔なものか?今、私の頭の中にはどんな考えが浮かんでいるだろうか?

3.結果ではなく、トレーニングや試合前のプロセスに集中しましょう。

今すぐ情報にアクセスする方法

CTA-IMAGE AI開発に投資していただいた方に早期アクセスや業界最高エージェント情報の特典を用意しています!出資限定お早めに!

トレーニングカテゴリの最新記事