ロボアドバイザー使いが気づいたスマートな投資のための3つのヒント

ロボアドバイザー使いが気づいたスマートな投資のための3つのヒント
8割方の仕事をしてくれるロボが近未来のスタイルになる。どうせそうなるなら早くから始めたいものだよね。
鞍堂ロミオ
鞍堂ロミオ

パンデミックの明るい兆しは、多くの人々がこの不確実性の時代に、より安全な経済を手に入れようと目覚めていることです。

海外を含め、2020年の第1四半期は、新規証券口座数が過去最高を記録しました。投資を始めるのに不安を感じるかもしれませんが、実際のところ、投資を始めるのに悪い時期というのはなく、ガイダンスもこれまで以上に利用しやすくなっています。

早期に投資することは、将来のリターンに大きな影響を与えます。投資を始める準備ができたら、以下の重要な原則を念頭に置いてください。

1. 計画を立てて投資する

投資を始める前に、休暇、住宅購入資金、退職金などの目標を設定し、それに伴う時間軸と貯蓄目標を明確にします。

何のために投資するのかを知ることで、「どのように」を考えることができ、計画をやり遂げるモチベーションにもなります。計画の作成は、DIYで行うこともできますが、プロのアドバイザーやデジタルアドバイスサービスを利用することもできます。

2. ポートフォリオを分散させる

分散したポートフォリオは、株式、債券、現金投資など、さまざまな資産クラスへの投資で構成されています。それぞれの資産クラスは、成長、収入、ダウンサイドプロテクションなど、ポートフォリオの中で役割を果たします。各資産クラスがポートフォリオに占める割合は、お客様の目標や損失の許容範囲によって異なります。

分散されたポートフォリオを維持するためには、リバランスを忘れないようにしましょう。市場の上昇・下降に伴い、ポートフォリオ内の目標配分が軌道修正されることがあります。リバランスは、分散されたポートフォリオを維持し、ボラティリティーの高い時期に自分が許容できる以上のリスクを負うことがないようにするために重要です。

難しいと思われるかもしれませんが、助けとなるツールがあります。ロボアドバイザーは、分散されたポートフォリオを構築するための低コストのオプションの1つであり、リバランスを自動化することで、どのような市場環境においても軌道修正を図ることができます。

3. 自分のリスク許容度を考える

最後に、自分のリスク許容度を知ることが重要です。あなたはどの程度の不確実性に耐えられますか?理論的には、若い投資家は市場の変動を待つことができるので、より積極的に行動するという選択肢があります。しかし、ボラティリティが高いと逃げ腰になってしまうという方は、投資を継続するために、より保守的なアプローチをとる必要があるかもしれません。

自分のリスク許容度が高くても低くても、日々の市場の動きにとらわれないようにしましょう。投資活動を自動化することで、全体像を把握することができます。

高品質で低コストの証券会社やデジタルアドバイスが数多く提供されており、ファイナンシャルアドバイスはかつてないほど身近なものとなっています。また、投資家が十分な情報に基づいて意思決定を行うことができるよう、教育リソースやデジタルツールが容易に利用できます。

また、投資を計画し、貯蓄し、ポートフォリオを分散させるといった、投資の基本的な考え方は、どのレベルの投資家にとっても、投資を始めるのに最適な場所です。

投資カテゴリの最新記事

テキストのコピーはできません。