引き寄せの法則でストレスフリーな生活を目指す

引き寄せの法則でストレスフリーな生活を目指す

引き寄せの法則とは、私たちの経験は私たちの思考や感情によって作られ、私たちが注意を向けたものが私たちの人生にもたらされるという考え方です。引き寄せの法則は、哲学的な理論としては古い歴史を持っています。近年では、「ザ・シークレット」などの書籍や、オプラ社などのメディアで取り上げられたことにより、その人気は急上昇しています。

引き寄せの法則の仕組みについては、さまざまな説があり、重要な注意点もあります。ここでは、引き寄せの法則の歴史や、どのように作用すると言われているのか、また、ストレスを解消するためのエクササイズ(さらには、人生で欲しいものを実現するためのエクササイズ)をご紹介します。

背景

引き寄せの法則は、古代(聖書)にまでさかのぼりますが、今日言及されている根本的な概念は、19世紀の新思想運動の中で生まれました1。

1877年にロシアのオカルティスト、ヘレナ・ブラヴァツキーが、人間の精神のさまざまな要素の間にある強力なエネルギーを表現するためにこの言葉を使ってから、この考え方は「引き寄せの法則」と呼ばれるようになりました2。

1897年に出版された「In Tune With The Infinite」という本の中で、ラルフ・トラインは引き寄せの法則について、「行動のあらゆる面で普遍的に働き、私たちは自分が望み、期待するものを引き寄せる。あることを望み、別のことを期待していると、私たちは分裂した家のようになり、すぐに荒廃してしまう。

この概念は、21世紀に入ってからも、哲学者や自己啓発書の著者、モチベーションを高める講演者などによって書かれ、広められてきました。2006年、引き寄せの法則を題材にしたロンダ・バーン監督の映画「The Secret」が公開され、ベストセラーとなりました。

引き寄せの法則

引き寄せの法則によると、あなたの思考はあなたの人生に現れる力を持っています。例えば、ポジティブに考え、快適な生活を送るのに十分なお金を手に入れた自分をイメージすれば、その願望を現実にするチャンスを引き寄せることができます。

逆に、自分の人生の不満な部分にばかり目を向けていると、ネガティブな結果や経験を引き寄せ続けることになります。

批判

「引き寄せの法則」への批判は、人生に良い結果をもたらしたことを評価する一方で、悪いことが起きたときに人に責任を負わせるというものです。

例えば、がんと診断された人は、自分のネガティブな思考やエネルギーによってがんを引き寄せたに違いないと考えています。そして、一度病気になってしまったら、治癒や健康、あるいは治療を実現するために、ポジティブな思考を保たなければなりません。

試すべきエクササイズ

引き寄せの法則」は、疑似科学として広く知られています。しかし、引き寄せの法則には、認知的リフレーミングや視覚化などの実際の心理学的テクニックが使われており、人々が自分の状況について違った考え方をするのを助けます。

引き寄せの法則は、魔法のように欲しいものがすべて手に入るわけではありませんが、必ずしも役に立たないわけではありません。

基本原則を実践してみるといいかもしれません。

  • 前向きな気持ちになれる。
  • 自分が持っているものを振り返り、楽しむ機会を与えてくれる。
  • 自分の考え方に気づき、挑戦し、変化させることができる。
  • 夢を持ち、目標に向かうモチベーションを維持できる。

自分の人生についてこれまでとは違った考え方をしてみたい、変化が起こりやすいポジティブな環境を作りたいと思ったら、以下のようなエクササイズを試してみてはいかがでしょうか。

それぞれのエクササイズは単独で行うこともできますが、前のエクササイズで行ったことをベースにしたステップと考えるとよいでしょう。

フラストレーションをリストアップする

例えば、ストレスの多い仕事、子供の行動、人間関係の対立などです。

ポジティブなことを考える

次に、日記を書いてみましょう。リストにある不満について、その状況の可能な限りのプラス面を考えます。例えば、困難な仕事の利点は、安定した収入、創造的な挑戦、個人的な成長などです。

今あるものに満足しながら、手に入れたいものに向かって前進し続けましょう。

そうすれば、仕事は自分の忍耐力を高めるための手段だと考えることができます。そうでなければ、その仕事の目的は、自分の人生で何がうまくいっていないかという貴重な情報をもたらしてくれることだと気づくかもしれません。

それはあなたがあなたの仕事で持っている負の経験の肯定的な結果は、あなたがより良いあなたの才能やスキルに適しているキャリアを追求するためにそれを残すことであるかもしれません。

願い事を書いたり、視覚化したりする

自分の人生に不要なものをリストアップしたら、手に入れたいものを書き出してみましょう。このリストは、あなたが取り戻したいポジティブなエネルギーを世の中に送り出すためだけではなく、あなたの目標を明確にするためにも役立ちます。

また、宇宙のウィッシュリストは、夢をあきらめそうになったときに頼るインスピレーションの源にもなります。

書くよりも見る方が好きな人は、絵を描いたり、コラージュを作ったり、Pinterestのようなサイトで欲しいものの画像を集めたりするのもいいでしょう。

望まないものに目を向けるのではなく、自分の人生に望むもののイメージを構築し、維持することは、ポジティブな変化やチャンスを引き寄せる強力な方法です。

自分の人生で何を変えたいのか、詳細なリストを作ってみましょう。毎日、自分の人生がどのように見えるか、どのように感じるかをイメージしてみましょう。

また、自分の欲しいものを「顕在化」させる練習もしてみましょう。例えば、庭に特定の花を咲かせたいというような簡単なことでも構いません。その花が庭でどんな風に見えるか、どんな香りがするか、花束にして手に持った時にどんな感じがするかなど、鮮明なイメージを頭の中に描いてみましょう。

ポジティブな姿勢を保つ

前向きな姿勢とは、単に笑顔を作るだけではなく、今あるもの、そしてこれから得られるであろうものに感謝の気持ちを持つことです。不足していると感じているものから、感謝と豊かさの気持ちへと目を向けましょう。

また、自分の目標や夢、意図を他の人と共有することで、ポジティブな考え方を強化することができます。自分のポジティブな気持ちを大切な人に伝えることで、サポートを受けたり、与えたりすることができます。

考える、感じる、行動する

自分の思考、感情、行動を、イライラではなく目標に集中させるようにしましょう。そのためには、ポジティブなセルフトークをしたり、日々の生活をイメージしたり、行動計画を立てたり、優しさや善行を行ったりすることが大切です。

引き寄せの法則を使うためのヒント

あるがままを受け入れる。自分の人生の嫌なところばかりに目を向けたり、違うことを望むことに時間を費やしたりするのは避けましょう。今の状態を受け入れることは、前向きな変化を起こす努力をしないということではありません。むしろ、常にネガティブな状態に陥らないように注意する必要があります。

自分の考え方を考える。自分の考えが人生にどのような影響を与えているかわからない場合は、自分の思考パターンを評価し、楽観主義と悲観主義のスペクトラムの中で自分がどの位置にいるかを判断するとよいでしょう。

感謝の日記をつける。生活の中で感謝していることをすべて記録しましょう。日記を書くことには多くの利点があり、感謝の姿勢を身につけることができます。(より豊かになるためのスペースを作ることができます)

焦点を変えてみましょう。肯定的なアファメーションを作るのと同じように、自分の考えを整理しましょう。イライラすることではなく、自分が望むことに焦点を当てましょう。

コーチングカテゴリの最新記事

テキストのコピーはできません。